恵那峡ワンダーランドは土日でも待ち時間0で乗り物に乗れる遊園地

f:id:mori83:20160618203136j:image

岐阜県中津川市の恵那峡にある遊園地 『恵那峡ワンダーランド』。

岐阜県在住の20代後半以上の人なら一度はこのCMを見たこともあると思います。

【懐かCM】 恵那峡ランド ジェットマンショー (1991) – YouTube

以前は恵那峡ランドという名前の遊園地でしたが、恵那峡ワンダーランドととして、復活しました。

今回久しぶりに、家族で行ってきたので、恵那峡ワンダーランドの魅力?を紹介します。

 

恵那峡ワンダーランド

基本情報

■住所: 岐阜県中津川市蛭川5703-209

■定休日:毎週水曜日※春休み、夏休み、GW中は営業 11月下旬~3月中旬までは閉園

■営業時間:9:30~17:00※時期により延長、短縮あり

■入園料:中学生以上1,100円 3歳~小学生700円※中学生以上なら乗り物券12回分が ついたとくとくパックがお得です!

■駐車場:平日無料、土日祝+GW、春・夏休み期間は500円/1日

f:id:mori83:20160618213111j:image

園内はそんなに広くなく、保育園くらいの小さい子供連れだと乗れる乗り物も限られてくるので、半日くらいで一通り回れるかと思います。

待ち時間0⁉︎

f:id:mori83:20160619153131j:plain

f:id:mori83:20160619153149j:plain

とにかく人が少ない。

係員の人も何箇所も持ち回りで乗り物を回せるくらいしか人がいないです。

f:id:mori83:20160618213541j:image

スワンボートにも即乗れました。

f:id:mori83:20160618213719j:image

チャイルドコーナーという小さい子供向けの遊具があるところも、乗りたい放題!

f:id:mori83:20160619153308j:plain

心なしか、メリーゴーランドの馬も切ない表情を見せています。

謎の大阪焼

園内には何箇所かご飯を食べられる場所があります。

f:id:mori83:20160618213939j:image

その中の1つのザ・ファーストによく分からない食べ物があります。

f:id:mori83:20160618214042j:image

大阪焼!

たこ焼きや明石焼なら知っているけど、大阪焼とは何だ?これは食べなきゃと思いますよ!

f:id:mori83:20160618214220j:image

バーン‼︎

大阪焼です。

・・・ ただの小さいお好み焼きでした。

マヨネーズをご自由にお掛け下さいと看板に書いてある割には、店員さんに掛けられましたよ。

f:id:mori83:20160618214435j:image

中身はこんな感じです。

まぁ、お好み焼きですよ。

レトロなゲームコーナー

f:id:mori83:20160618214705j:image

f:id:mori83:20160618214727j:image

昭和感の漂うノスタルジックなゲームコーナーです。こちらもほぼ貸切で利用できます。

f:id:mori83:20160618214826j:image

また別の建物には室内型の子供の遊ぶ遊具があるところもあり、300円で時間制限無しで遊べます。

多分小さい子供さんの場合、ここが一番ハマるんじゃないかと思います。

室内なので、天候に関係なく遊べるのもいいですね!

最後に

待ち時間0で遊べる遊園地恵那峡ワンダーランドは、ストレスフリーで遊べる遊園地です。子供連れだとかなり助かります。

また、写真を撮り忘れたけど、7月からはプールもオープンするみたいなので、暑い日に混んでいるプールを避けて水遊びしたい人はぜひ一度来場してみてください。

次回は恵那峡ワンダーランドに併設されている天界苑についても紹介したいと思います。

岐恵那峡ワンダーランドには天界苑という景色のいい場所があるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です